bbクリーム 日本製

ポイントその1.日本製であること

ご存知の通りBBクリームは韓国生まれです。
皮膚の治療用軟膏として使われていたものを韓国が商品化して爆発的にヒットしました。

 

芸能人のIKKOさんなども韓国製のBBクリームをおすすめしていたりします。
ですが日本人に合うBBクリームを選ぶという点なら断然日本製を選ぶべきです。

 

その理由はこちらです。

 

韓国の品質管理が日本とは違う

日本製であれば徹底した品質管理のもとで作られていますので安心して使うことができますよね。

一方、韓国製の場合は輸入化粧品ということになります。その輸入化粧品の品質が日本基準を満たしているかどうかはわかりません。

 

例えば、韓国製BBクリームの先駆けとしておなじみのミシャのBBクリームは日本でも販売されていますが、
韓国で販売されているものと見た目は同じでもSPF値の高い化合物が使用されているという話もあります。
参照:http://matome.naver.jp/odai/2133362152621381701

 

真偽は不明ですがそのようなリスクは当然あるわけです。
ただ単に安いから!韓国製のほうが良さそう!という理由で手を出してしまうと失敗してしまうかもしれません。

 

韓国製は日本人が使うことを想定して作られていない

そもそもの話ですが、韓国製のBBクリームは韓国人が使うことを想定して作られています。当たり前の話ですよね。

つまり製造段階でも韓国人が関わって、韓国人の肌で試してみて、そういうプロセスをへて商品となっています。

 

であれば、韓国製BBクリームは韓国人の肌質にもっともマッチする商品といえるでしょう。
逆に日本人の肌質に本当に合うの?という疑問も出てきます。

 

ましては当サイトに訪れている方は肌があまり強くない方でしょうからここは慎重になるべきです。
日本製であれば日本人が開発・研究して日本人の肌に合うように作られているのでベストだと考えられます。

 

韓国製が悪いというわけでは決してありません。
ただ肌への負担がないか・日本人の肌にあうかという1点でみると若干不安があることを理解しておいてください。

 

 

日本製BBクリームを選ぶならこちら

商品名 MC BBクリームFC 桜花媛BBクリーム アヤナス AS BBクリーム 紫紺乃米BBクリーム エバンジェリストBBクリーム
第1位 第2位 第3位
MC BBクリーム画像 桜花媛BBクリーム画像 アヤナス AS BBクリーム画像 紫紺乃米BBクリーム画像 エバンジェリストBBクリーム画像
製造 日本製 日本製 日本製 日本製 日本製
香料 不使用 不使用 不使用 不使用 不使用
タール系色素 不使用 不使用 不使用 不使用 不使用
鉱物油 不使用 不使用 不使用 不使用 使用
パラベン 不使用 不使用 使用 不使用 使用
紫外線吸収剤 不使用 不使用 不使用 使用 使用
SPF
PA
SPF45
PA+++
SPF30
PA+++
SPF25
PA+++
SPF30
PA++
SPF31
PA++
値段 3,888円 3,900円 3,800円 2,592円 4,104円
内容量 50g 33g 25g 40g 40g
おすすめ度
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ

日本製であること関連ページ

良くないBBクリームの特徴
選ばないほうがいいBBクリームはあるのでしょうか?もしあるならどんな特徴をもったものは避けるべきなのでしょうか?
【肌への負担】BBクリームは本当に肌にいい?
購入前に多くの人が悩むのが「本当に肌にいいのか?」という点です。肌への負担はあるのかという疑問にお答えします。
BBクリームって楽?
BBクリームは使っていると楽なのでしょうか?はじめて買う前にぜひとも知っておきたいポイントです。
刺激成分が入ってないこと
刺激成分が入ったBBクリームを使うと肌への負担が大きい可能性があります。その成分とは・・・
UV効果が強すぎないこと
UV効果が強いBBクリームを選びすぎると肌が弱い人は肌荒れを起こす可能性があります。例えば・・・