刺激成分が入っていないBBクリーム

ポイントその2.刺激成分が入ってないこと

化粧品にはさまざまな成分が使われていますが実はあまり肌によくないものが含まれている場合もあります。

 

こういう事実を受けて、厚生労働省によって2001年3月に化粧品について全成分を表示することが義務付けられました。

参照:http://www.jcia.org/n/biz/ln/

 

ですから皆さんは自分の目で本当に安全な化粧品なのかを確かめることができるのです。そしてそれをすべきなのです。

 

とはいえ化粧品の成分なんて見たって分けわかんないよ、という人がほとんどでしょうから、ここでその中でも特に注意して見ておいたほうがいい成分についてふれます。

 

 

BBクリームの成分表示はここを見よう!

 

 

少しでも刺激を避けるために「無香料」

香料とは化粧品に香りをつけるためのものです。原料の不快な臭いを抑えたり、BBクリームを使うときにいい匂いを感じてリラックスする目的があります。

 

一方で香料はアレルギー症状を起こしやすい成分でもあります。香料はその数は数百種類もあると言われていてとても複雑な成分です。そのある成分が人によってはアレルギーを引き起こす可能性もあるのです。

 

またアレルギーを自覚していなくても敏感肌の方は少しでも肌への刺激を避けるために無香料を選ぶこと傾向があります。

 

もちろんすべての香料が肌へ悪影響を及ぼすわけではありません。日本の品質基準に沿って使用されている種類の香料は安全といえるでしょうが、当サイトの見解としては少しでも刺激を避けるために当サイトでは香料が入っていないBBクリームだけを紹介しています。

 

タール系色素

化粧品の着色料のひとつとして使われているタール系色素ですが、健康に有害と判断されることが多く 現在では使用を禁止する国が多く出てきています。

 

一方で日本ではまだ医薬品(化粧品など)に許可されているタール系色素があります。
http://www.tokyo-eiken.go.jp/files/k_yakuji/i-sinsa/cosmetics/hinmoku/taru.pdf

 

【日本で医薬品(化粧品)に許可されているタール系色素】

赤色

赤色2号
赤色40号
赤色102号
赤色201号、赤色202号、赤色203号、赤色204号、赤色205号、赤色206号、赤色207号、赤色208号
赤色219号
赤色220号、赤色221号、赤色225号、赤色227号、赤色228号
赤色404号、赤色405号
赤色501号、赤色502号、赤色503号、赤色504号、赤色505号、赤色506号

黄色

黄色4号、黄色5号
黄色205号
黄色401号、黄色402号、黄色404号、黄色405号、黄色406号、黄色407号

橙色

橙色203号、橙色204号、橙色205号
橙色401号、橙色402号、橙色403号

※最新の情報は厚生労働省のページを参照するようにしてください。

 

海外では禁止されている国もあるものなのに日本ではまだこれだけ許可されているのに驚きです。
一部には、日本はタール系色素の危険性への認識が甘いのではないか?という意見もあります。
なので当サイトの見解としてはタール系色素を一切使用していないBBクリームだけを選んで紹介することにしています。その点ご安心ください。

 

鉱物油

鉱物油とは石油を蒸留・生成してできた油のことです。全成分表示ではミネラルオイルという風に記載されています。

 

ミネラルオイルと表示されているとずいぶん表現がマイルドになるのですが、鉱物油がカルシウムやマグネシウムを含んでいるという意味ではありません。
単純に鉱物の直訳がミネラルになるというだけなので注意が必要です。

 

この鉱物油には賛否両論あって、不純物が混じっていない鉱物油であれば化粧品に使われていてもまったく問題ないという意見と顔や手などの肌に直接塗る化粧品に石油から精製したものを使うのはいい訳がないという意見でまっぷたつです。

 

当サイトの見解としては、たとえ医学的にいいという意見があったとしても万が一肌に悪影響があるものを使うのは賢い選択ではないというものです。
ですから鉱物油フリー(不使用)のものを極力あつめて紹介するようにしています。(※一部含まれている商品もありますのでご自分で確かめてからご購入ください)

 

パラベン

パラベンとは主に防腐剤として石油を精製して作られています。

実はパラベンが化粧品に使用されるときにはその量は1%未満であることが義務付けられています。

 

その理由は殺菌力が強いことでやはり肌への影響を考えてのことなのでしょう。
一方で毒性は極めて少ないとされています。

 

パラベンが入っていることで化粧品を開封してから腐ることなく他界品質のまま使用できます。
逆にパラベン不使用であれば開封した時点から劣化する一方です。

 

ですから当サイトの見解としては1%未満の制限があるので使われていても安心だが、肌への悪影響が強ければ不使用のものを選んだほうが賢明。ただし防腐剤が入っていないので管理をきちんとしていなければ劣化して逆に肌へ悪影響を及ぼす可能性あり、というところです。

 

 

 

以上の4ポイントを抑えた肌荒れしない低刺激なBBクリームはこちら!

商品名 MC BBクリームFC 桜花媛BBクリーム アヤナス AS BBクリーム 紫紺乃米BBクリーム エバンジェリストBBクリーム
第1位 第2位 第3位
MC BBクリーム画像 桜花媛BBクリーム画像 アヤナス AS BBクリーム画像 紫紺乃米BBクリーム画像 エバンジェリストBBクリーム画像
製造 日本製 日本製 日本製 日本製 日本製
香料 不使用 不使用 不使用 不使用 不使用
タール系色素 不使用 不使用 不使用 不使用 不使用
鉱物油 不使用 不使用 不使用 不使用 使用
パラベン 不使用 不使用 使用 不使用 使用
紫外線吸収剤 不使用 不使用 不使用 使用 使用
SPF
PA
SPF45
PA+++
SPF30
PA+++
SPF25
PA+++
SPF30
PA++
SPF31
PA++
値段 3,888円 3,900円 3,800円 2,592円 4,104円
内容量 50g 33g 25g 40g 40g
おすすめ度
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ

刺激成分が入ってないこと関連ページ

良くないBBクリームの特徴
選ばないほうがいいBBクリームはあるのでしょうか?もしあるならどんな特徴をもったものは避けるべきなのでしょうか?
【肌への負担】BBクリームは本当に肌にいい?
購入前に多くの人が悩むのが「本当に肌にいいのか?」という点です。肌への負担はあるのかという疑問にお答えします。
BBクリームって楽?
BBクリームは使っていると楽なのでしょうか?はじめて買う前にぜひとも知っておきたいポイントです。
日本製であること
BBクリームを選ぶのなら日本製であることが大事です。その理由は・・・
UV効果が強すぎないこと
UV効果が強いBBクリームを選びすぎると肌が弱い人は肌荒れを起こす可能性があります。例えば・・・