bbクリーム UV効果

ポイントその3.UV効果が強すぎないこと

日焼け止めの役割も果たしてくれるBBクリームですが、実はその効果が強すぎると肌へ負担がかかってしまうことがあります。

 

まず前提として知っておくべきこととして、BBクリームではSPFとPAの2つの指標でUV効果を表しています。

 

 

●SPF(紫外線防御指数)
Sun Protection Factorの略称で、シミやそばかすの原因ともなるUV-B波(紫外線の一種)をどのくらい防止するかの目安となります。

 

何も肌にぬらないで日光を浴びていると、普通は20分~25分程度で肌が赤くなり始めます。SPFはこの赤くなるまでの時間をどこまで抑えるかを示す数値です。
MAXは50でそれ以上は計測できないとされています。

 

 

●PA(UV-A防御指数)
Protection Grade of UVAの略称で、肌を黒くしたりシワやたるみの原因にもなったりするUV-A波(紫外線の一種)をどのくらい防止するかの目安となります。
日焼けして黒くなるのはこのUV-A波のせいなのですがこれをいかに防ぐかがわかります。

 

  • PA+ :効果がある
  • PA++ :かなり効果がある
  • PA+++:非常に効果がある

 

SPF、PAの数値が大きい物を選んでおけば安心なのか?

紫外線による肌への負担が抑えられるのならSPF50、PA+++の最大値のBBクリームを選べばいいのでは?と思われるかもしれません。しかしそういう訳ではありません。

 

たしかにSPFやPAが大きいければ紫外線による肌への負担を抑えられるのですが、逆に紫外線を抑えるために使われている成分によって肌へ負担がかかる場合があります。

 

一般的にはSPF値の目安は日常生活で10~20、レジャーで海や山に行く場合で30位上という風に言われています。

 

当サイトの見解としては通常使用の場合はSPF30前後のBBクリームを選ぶのが無難だろうというところです。

 

では、SPF、PAが肌荒れしないBBクリームを選ぶ基準にならないのであればどこを見ればいいのでしょうか?

 

紫外線吸収剤を使っているか?使ってないのか?

当サイトでは低刺激なBBクリームを選ぶために紫外線吸収剤の有無をチェック項目としています。

 

紫外線吸収剤とは油の中に紫外線を取り込み、吸収して皮膚へ到達させない働きをする成分です。これによってUV効果を発揮するものです。
一方で紫外線散乱剤というものも存在します。これは液体で皮膚を覆って紫外線を跳ね返すという性質をもつ成分です。

 

2つの成分をまとめてみましょう。

紫外線吸収剤 紫外線散乱剤
有効時間が長い 有効時間が短い
UV効果が高い UV効果が低い
透明なので肌につけても白くならない 肌につけると白くなる
透明なので肌につけても白くならない 肌につけると白くなる
アレルギー反応をおこす人もいる アレルギー反応をおこす人はほとんどいない

 

このようにそれぞれ一長一短でどちらも使用を許可されている優秀な成分です。
ですが、低刺激という一点で考えると紫外線吸収剤を使っていないBBクリームを選んだほうが肌への負担を抑えられる可能性があります。

 

ですので、当サイトとしては紫外線吸収剤フリー(不使用)のBBクリームを特にオススメしています。
(もちろん紫外線吸収剤不使用でも絶対に肌荒れしない保証はありません。肌がかぶれたりした場合はすぐに使用を控えるようにしてください。)

 

 

紫外線吸収剤フリー(不使用)のオススメBBクリームはこちら!

※一部、使用しているものあり

商品名 MC BBクリームFC 桜花媛BBクリーム アヤナス AS BBクリーム 紫紺乃米BBクリーム エバンジェリストBBクリーム
第1位 第2位 第3位
MC BBクリーム画像 桜花媛BBクリーム画像 アヤナス AS BBクリーム画像 紫紺乃米BBクリーム画像 エバンジェリストBBクリーム画像
製造 日本製 日本製 日本製 日本製 日本製
香料 不使用 不使用 不使用 不使用 不使用
タール系色素 不使用 不使用 不使用 不使用 不使用
鉱物油 不使用 不使用 不使用 不使用 使用
パラベン 不使用 不使用 使用 不使用 使用
紫外線吸収剤 不使用 不使用 不使用 使用 使用
SPF
PA
SPF45
PA+++
SPF30
PA+++
SPF25
PA+++
SPF30
PA++
SPF31
PA++
値段 3,888円 3,900円 3,800円 2,592円 4,104円
内容量 50g 33g 25g 40g 40g
おすすめ度
詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ 詳細ページ

UV効果が強すぎないこと関連ページ

良くないBBクリームの特徴
選ばないほうがいいBBクリームはあるのでしょうか?もしあるならどんな特徴をもったものは避けるべきなのでしょうか?
【肌への負担】BBクリームは本当に肌にいい?
購入前に多くの人が悩むのが「本当に肌にいいのか?」という点です。肌への負担はあるのかという疑問にお答えします。
BBクリームって楽?
BBクリームは使っていると楽なのでしょうか?はじめて買う前にぜひとも知っておきたいポイントです。
日本製であること
BBクリームを選ぶのなら日本製であることが大事です。その理由は・・・
刺激成分が入ってないこと
刺激成分が入ったBBクリームを使うと肌への負担が大きい可能性があります。その成分とは・・・